まさかこんな身近なところに出会いアプリを知り尽くしている先輩がいたなんて思いもしなかった。だって最初にも話したように出会い系サイトには偏見がある。怪しい、暗い、危ないといったイメージがあるので、実際に使って本当に彼女を作ってる人がいるとは寝耳に水だ。しかし身近に先人がいて本当によかった。そのおかげで俺はセフレを作ることが出来たんだから。先輩には感謝してもしきれない。

 

その先輩いわく、悪徳サイトと優良サイトには大きな違いがあるという。一体それはなんですかと質問すると、「教えてほしいか」と先輩はもったいぶる。先輩でなければ蹴飛ばしているところだが、今やバイトだけではなく出会いの先輩でもあるのでそんなことは絶対に出来ない。いわば師と仰ぐほどの存在だからだ。とにかく早く教えてくれと頼むとようやく口を開いてくれた。悪徳サイトと優良サイトの大きな違いは本人確認を実施しているかしていないかという事らしい。正直意味が分からない。本人確認?面接か何かするの?とバカな俺は思った。だけど実際はそんな面倒な事ではなく、連絡先の認証と生年月日を確認するというだけの事だった。これが大きな違い?益々俺は分からなくなった。

 

しかしよく聞くと納得の答えが返ってきた。要するに、連絡先の認証を行えば重複で登録することが出来なくなる。そのためサクラやなりすまし、勧誘業者などが登録することが出来ないので安全が保証されているという事だ。それと身分証明書の写真をメールに添付して送信すると、未成年者が登録できないので児童買春や援助交際と言った犯罪を未然に防ぐことが出来るということだ。さすが先輩。確かにライン掲示板もそんな事していない。だからこそ俺が危険な目にあってしまったんだ。出会いアプリもそれと同じで、悪徳サイトはそういった認証を行っていない。だからライン掲示板と同じような被害にあうリスクが高い。不思議と腑に落ちた。それに悪徳サイトはサクラを利用したポイント搾取の目的で成り立っているサイトが多くあって、無料の出会い系サイトはそういった悪徳サイトに誘導するために成り立っているのがほとんどらしい。とにかく本人確認を行っていない出会い系サイトは使ってはいけないということだ。